オリジナル、カバー、弾き語りレッスン、バレットジャーナル、ライフスタイル、マインドフルネス。

Ruka Aosora

Blog

人生が変わる瞬間

投稿日:

「お邪魔しま~す」

「どうぞ~」

神んちゅうのNさんのパートナーKさんが出迎えてくれた。

お庭にはガジュマルの大木がたたずんでいて、畑には久高の薬草、ハーブ、お野菜たちがすくすくと育っていた。

窓は開放的に全部開かれていて、とにかく風通しがよい。海の香りが心地よく漂う。

パートナーのKさんが久高島の薬草茶を入れてくれた。

このお茶を飲んでいると、すーっと体が軽くなった気がした。

ああ、久高島にいるんだなぁ~とやっと旅の実感がわいてくる。

久高島の神話と歴史について

 

FullSizeRender (11)

*神人(かみんちゅう)・・・自分の中にある神につながって、神の役目として生きる道を歩く人。島を守り、ご神事にかかわったり、予言などができたり、霊力が備わる人と言われている。

 

神んちゅうのNさんとパートナーのKさんは、自宅をヒーリングスペースとしても開放していて、世界中からもNさんのうわさを聞いてお客様が訪れるらしい。

日本の裁判官や、日本でも影響力のあるような人たちがNさんのもとへ相談にやってくるそうだ。

 

小さなテーブルを囲んでNさんは、すでにお客様とお話しをされていた。

私がイメージしたような神んちゅうと呼ばれる方とはちがった。

もっと、近づきにくい一線置いた宮司のような人かと思っていたけど、ぜんぜん普通できさくで、

むしろ、とても物静かで本当に謙虚な方でびっくりした。

ほとんど、「人の話を聞いている」というのが印象的だった。

相談されている方が全部話しを終えたころ、ぽつりぽつりと、小さな声でその人に必要なメッセージを伝えてらっしゃった。

そして決して上から目線的なことは言われない。

 

FullSizeRender (10)

その人の立場に立って、膝と膝をつきあわせながら、相談にのってくれるごくごくどこにでもいそうなおじさん。

Nさんがあまりにも謙虚な人だから、どんな人も心を開かずにおれないんだろうな、と思った。

むむ姉が、ここのサロンは予約がいっぱいで、さすがにNさんも生身の人間だから、相談を受けすぎて、やっぱり疲れることもあるんだよー、ということを事前に教えてくれた。

Nさんのいるテーブルに座ると、むむ姉さんは親戚のように、自分のことをいろいろ語っていて、Nさんはずっとうなずいて聞いていた。

二人が話終えたタイミングをみはからって、いろいろNさんに質問してみると、Nさんは正直に答えてくださった。

 

 

私「いつからこういうことをされてるんですか?」

Nさん「私はこの島で育って、祭事やご神事とかそういうことがあたりまえの日常の中にいて、でもだんだん大人になってくると、そういうのがいやになっちゃって、島を飛び出たんですよ。笑」

私「え?そうなんですか?どこへ?」

Nさん「那覇の方へね。」

私「那覇で何かされてたんですか?」

Nさん「設計事務所を立ち上げて、どんどん仕事も増えて、従業員も雇えるようになって、ビジネスがうまく軌道にのって、すべてがうまくいき出したころ、突然半身不随になって体が動かなくなってしまったんですよ。仕事ができないから、もちろん会社の経営もたちまく悪くなり、とにかくなんとかしないといけない。けど、体は動かない。本当に困りましたよ。笑」

私「どうやって健康を取り戻されたんですか?」

Nさん「体が動かないし、どうにもできないから、久高に戻るしかない。会社はたたまないといけなくなりました。久高島に戻って、健康を取り戻すために、久高の薬草を使って自分の体を自分で治しはじめたんですよ。」

私「そうだったんですね。」

Nさん「自分の体がああいう風になるまでは、目に見えない力の存在をすっかり忘れていて、自分の我の力で生きようとしていたけど、体が動かなくなって、たちまち何もできなくなってしまった。そっちじゃないよ、というメッセージだったんでしょうね。」

私「今はこういうサロンをされてますけど、きっかけはやっぱりご自分の体を薬草で治したことがはじまりだったんですね。」

Nさん「自分の体が治ったもんだから、近所の人も自分の体を見てもらいたいと、やってくるようになったんですよ。そして薬草とヒーリングでの治療をはじめたら、受けた人がどんどん良くなっていってね。病気が治ったという人もでてきて、人伝えにどんどん広がっていったんですよ」

私「そうだったんですかぁ。」

Nさんは何十年も事業をされてきていろんな経験を積んでいたからこそ、いろいろな立場のいろんな状況の人にアドバイスすることができるんだろうなと思った。

むむ姉さんはNさんと何年も交流があり、久高島の聖地を一緒にめぐったり、久高島についてのさまざまなことを地元の人と同じくらいにとても良く知っている。

彼女が「久高島を訪れるたんびに、どんどん五感が研ぎ澄まされていくよ~」といってるのはわかる気がした。

琉球王朝時代、王様が霊力を授かりにこの島に毎年やってきていたということの意味も理解できるくらい、久高島は不思議なパワーで満ち溢れている。

Nさんが最後にぽつりと私に

「活動名、前のRukaの名前に戻した方がいいみたいですよ。」とおっしゃった。

私「え?どういうことですか?」

Nさん「その方がいいみたいです・・・」

私「え~?でも、ナオコワンという名前で活動しはじめてサイトも作ったり、いろいろ変えてしまったのに、
今さらという感じがするんですけど・・・」

Nさん「前の活動名にもどしたら・・・」

なんかすごいことを言われるのかと思ったら・・・

Nさん「みんなきっとその方が安心すると思いますよ。」
と微笑みを浮かべてつぶやかれた。

ズコーっとずっこけそうになったけど、まさかそんなこと言われるとは思わなかった。笑。

 

 

人との出会いはだからおもしろい。

人との出会いで人生が変わる瞬間がある。

人生のチャレンジによって人生が変わる瞬間がある。

 

 

 

久高島の出会いで、私の中のスイッチがきりかわった気がした。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
こんにちは!あおそらるかです。 このブログではしあわせを運ぶ歌やレシピ、日々の気づきなどを シェアしていけたらいいなと思っています。 Ruka Aosoraの番組もアップしてますのでのぞいてみてくださいね。 私のもう一つのサイト「ザ・ミラクルスマイルフォーレスト」 http://themiraclesmileforest.com こちらでは音、声、石を使った施述、ワークショップを行っております。 Hi This is Ruka:) This blog I would like to share with you guys about my songs and recipes which bring you happiness in your life. I have another site called "The Miracle Smile Forest" This site I am going to share with you about voice & sound power. http://themiraclesmileforest.com

-Blog
-, , , , , ,

Copyright© Ruka Aosora , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.