オリジナル、カバー、弾き語りレッスン、バレットジャーナル、ライフスタイル、マインドフルネス。

Ruka Aosora

Blog

初心者からはじめるギター弾き方コツと私の体験談。

投稿日:

おはようございます。
前回完成版をシェアするつもりが、ちょっとデータがとんでしまったので、もう一度とりなおしてみましたので、こちらが完成版です。(とはいってもかなりざっくりの録音を真顔でしてます。笑)

一応Edsheeranさんと同じスピードでの弾き語りです。ただ、ちょっと初心者には速すぎかもしれませんね。

ゆっくりストロークで下のコード進行で弾いた方がいいかもしれません。
私もかなり速くてギターに歌を合わせるのが大変でした(^^;)

こちらが前回のエドシーランさんのCastle on the hill のギター弾き方でした。

 

私のギター弾き語り体験談

 

実は私はギターをちゃんと習ったことがないので、えらそうなことは言えないんですが(笑)

基本のコード進行さえおさえておけば、なんとかさまになる、一応曲を作ることができるということです。

もちろんちゃんと習った方がいいと思います。

ギターもお料理のように奥が深いですから、追求する人はどこまでも奥深く勉強するでしょう。

その方がバリエーションも増えるし、いろんな人とコラボもできたりして世界が広がります。

私は習いごとを続けるのが苦手なのと、手首がちょっとけんしょうえんなので、あまりむずかしいコード進行が弾けないのです。

なので、もう自己流で何年もこの自分スタイルです。笑。

なので、発展がないと言われればそれまでですが。

できないなら、できないなりの工夫次第でどうにかなりますし、

シンガーソングライターとしてこんな私でもほそぼそと活動できています。笑。

たぶん初期の頃からそんなに歌うスタイルは変わってないじゃないかな〜と思います。

ギターのコードもシンプルなものしか使わないですし、その中で曲がけっこう生まれます。

私もはじめの頃は本当に人前で歌うことが恥ずかしかった。笑。

でも、場数をこなしていくとそれなりに「それっぽく」なって慣れてきます。

ギター弾き語りで活動していた頃は、フリーマーケットで歌わせていただいたり、小さなライブハウスに

チケット販売ノルマ制でチケットを販売して歌わせていただいたりしていました。

今では懐かしい思い出ですが、やっぱり自分の歌を誰かに聴いてもらわないことには何もはじまりません。

失敗したり、苦い経験もいろいろありますが、今となってはすべてがいい思い出、自分のこころの財産になっています。

たとえあなたが音痴だったとしても?一人でも聴いてくれる人がいれば需要があるということです。

すぐに目に見えてお客さんがついてきてくれないかもしれませんが、続けていくことであなただけのファンを獲得することができるでしょう。

そのためには続けていくことがKEYだなと思います。

今ではライブハウスに行かないでも、私のように歌をYoutubeで発信したり、ライブストリーミングで生配信できたりできる時代です。

あなたりの表現の場を探してみてくださいね。

 

ないものをあるものに変身させる工夫

おまんじゅうやさんで、めちゃめちゃ流行っているお店があります。

そのお店は何十年もそれだけ作り続けています。

たったメニューは3つくらいしかないのに、材料もシンプルだと思いますけど、全国からかけつけるほどのおまんじゅうやさん。

そのひとつのおまんじゅうにこめられた思い、エネルギーがたくさんの人に感動をもたらすようにつながっていくのだろうと思います。

持っているものが少なくても、それを逆に生かす工夫によって、ないものをあるものに変身させることができる。

これは本当に大切なことだな〜と思います。

今の時代、シンプルになることの方が逆に難しいと思います。

あれもこれも知っておかないと、装備しておかないと、なんだか取り残されたような気分にさせられますし、とにかく落ち着かない気がします。

私もちょっと前までは本当にそうでした。

たくさんのものや情報に囲まれていると、一瞬の安心感を得られます。

けど、また一息つけば底なし沼のようにまた喉の渇きを欲するように、また情報をかき集めようとする。

終わりなき循環。

本当に大切な人とのご縁や大切なモノやコト。

たくさんあると思っていたものは実はほとんど使っていない、何も機能していないものだったりするのかもしれません。

もちろんその中にある大切にあることをちゃんと見つけることができたら問題ありませんが。

ギター初心者が最初に決めること

前置きが長くなりましたが、ギターをあなたがどれくらい習得したいかにもよりますが、

本格的に勉強したいならば、やっぱりちゃんと習った方がいいと思います。

でも今はYoutubeでも勉強できますし、あらゆる媒体を使って独学でギターを勉強することもできます。

ただ、独学のメリットは自由に自分のスタイルで弾けるということ。

デメリットは自分の好きなコードとか好きなものしか勉強しないから、偏ってしまうので、ワンパターンになりがち。

ギタースクールに通う人のメリットは「ここはこうですよ」と先生に気づかせてもらえるので、自分のクセに気が付けるし、他の人とコラボできる下地を作ることができるということ。客観的にも自分の進歩が見えていいかなと思います。

デメリットは、やっぱりオリジナリティに欠けてしまうということ。個性的なミュージシャンをめざそうと思えば、型にはまった弾き方だとあまりインパクトがないかもしれません。

ギターの種類、基本は3種類あります。

クラッシックギター(別名ガットと呼ばれます)を使うか、アコースティックギター(フォークギター)
もしくは、エレキギター(電子ギター)を使うかによってもスタイルが変わってきます。

あなたが秦基博さんみたいに弾き語りのソロでギターを弾いていきたいのか、それともワンオク(One Ok Rock)のように、バンド形式でツアーで回っていきたいのか、どのスタイルで自分を表現していきたいかによっても変わってきます。

ギター好きはけっこうどんどん種類を集める人も多いみたいですね。
車並みにする価格のギターもありますよ。

生活の一部に音楽があって、パーティーとかでさらっと弾きたいくらいの感覚であれば、私のような感じでシンプルなコードを弾けるくらいでもけっこう歌えるように見えると思います。笑。

以上今回は初心者からはじめるギター弾き方コツと私の体験談でした。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

あおそらるか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
こんにちは!Ruka Aosora(あおそらるかです) このブログでは、あなたの毎日がどんどんよくなる手帳づくりはじめ、あなたの毎日がどんどんよくなるマインドセット、ライフスタイルづくりなどをさまざまな形でお届けしていきたいなと思います。Youtube番組はマインドフルなことをお伝えする「Ruka Aosora」と音楽レッスンの番組「Ruka Aosora Music」の二つを配信しております。メルマガも配信していきますので、ぜひご登録の方よろしくお願いいたします。

-Blog
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Ruka Aosora , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.